明石市の交通事故ブログ

明石市の交通事故発生状況のご案内です。交通事故のケースを知れば、事前に注意できますので、重大な事故を回避することが出来ます。ぜひご参考ください。

(明石)事故にあったら!加害者とその保険会社に確認すべきことは?(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

✒️加害者の連絡先などを聞きましたか?

加害者の氏名や車のナンバー、連絡先、住所などを聞いておきましょう。

これらは適切な賠償受けるための大切な情報となります。

 

 

✒️加害者が入っている保険を確認しましたか?

自動車保険には、運転者が必ず加入する「自賠責保険」と、任意に加入する「任意保険」とがあります。

加害者に必ず確認しておきましょう。

 

 

✒️加害者は仕事中でしたか?

仕事中に起こした事故の場合、責任は運転者の使用者(勤務先の会社など)も負うことになり、被害者はその使用者に対して損害賠償請求をすることができます。

この場合、加害者の勤務先を確認しましょう。

 

 

✒️加害者側の保険会社へ、休業の必要性を説明しましたか?

休業損害は、会社を休んだ日数分、必ず支払ってもらえるわけではありません。

被害者は、医師の医学的な判断も含めて休業の必要性を保険会社に証明する必要があります。

ですから、休業損害を保険会社に請求する際には、医師に自身の業務内容を説明し、仕事を休む必要がある旨の「診断書」等を発行してもらうことが大切です。

 

 

✒️加害者側の保険会社へ、過失割合の根拠を聞いてみましたか?

加害者側の保険会社は被害者の味方ではないため、被害者に有利な過失割合を示してくれるわけではありません。

なぜ、被害者の過失割合が「〇〇%」と判断されたのか、その根拠となる理由を確認することが大切です。

 

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石)損害賠償を請求する相手を決める❗❗(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故において、被害者に対して損害賠償の責任がある者は加害者だけとは限りません😣損害賠償請求では加害者自身を相手にすることが多いですが、加害者に損害賠償を支払う能力がない場合などには被害者としても非常に困ります💦

 

加害者以外に損害賠償責任を負う者がいれば、その者に請求しましょう❗

 

人身事故で他人にケガや死亡などの損害を与えたとき、その損賠償責任のある者の範囲は次のようになっています。被害者はそれらの者に損害賠償を請求できます。

 

①加害者(運転者)…自分の過失によって交通事故を起こした加害者(運転者)は、当然賠償責任がある。

 

②使用者(雇主)…従業員がその事業の仕事をしているときに、人身事故で第三者に損害を与えたときは、会社や雇主が加害者(運転者)とともに賠償する責任を負う。

 

③運行供用者…「運行供用者」とは「自動車を自分の思い通りに使うことができる状況にあって、自動車を運行することが自分の利益となる者」のこと。運行供用者はたとえ直接、自分が起こした事故でなくても、賠償責任を負わされる。「使用者(雇主)」はこれにも該当し、「車の所有者」や「車の借主」も運行供用者となる。また次のようなものも運行供用者に該当することがある。

 

🔵自動車を他人に貸した者

 

🔵従業員が会社の車を運転した場合の会社

 

🔵レンタカーの貸主

 

🔵家族間で、持ち主は子供でも維持費などを親が負担している場合の親

 

など。

 

④未成年者の親…未成年者が起こした人身事故に関し、その親の責任については次のようになっている。

 

16~20歳未満の未成年者は責任判断能力があるとされ、その子が起こした人身事故については、通常、親は責任をもたなくてもいいことになっているが、監督業務を十分に果たしていない場合は、親に賠償請求できることもある。

 

子が親の車を乗り回して事故を起こした場合、親は運行供用者として賠償責任がある。

 

未成年者の子が自分の車か、第三者の車で事故を起こしたとき、その子が自分のしたことの責任を判断する能力がない場合は、親は賠償責任を負わなくてはならない。

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石)不起訴に不服の場合は検察審査会に申し立てを❗(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

人身事故の加害者の場合、不起訴処分の割合が非常に高く、起訴された場合でも「略式起訴」がほとんどです。略式起訴は、正式な裁判は開かれず、加害者は書面の心理だけで50万円以下の罰金を言い渡され、それを支払っておしまいです。

 

この略式起訴にしろ、正式な裁判を行う起訴にしろ、被害者は検察官が決定した『起訴』についてはどうすることもできません。

 

「略式起訴でなく、正式な裁判で加害者を裁いてほしい」などと、異議を申し立てることはできないのです。現実に、死亡事故の場合でも、略式起訴で罰金を払って終わりというケースは多いです。

 

一方、加害者の『不起訴処分』については、被害者(被害者に代わって意思表示を行う権限をもつ代理人も可)や遺族が不起訴処分を不服として検察審査会に申し立てることができます。

 

検察審査会は全国の地方裁判所や主な地方裁判所支部の中にある(電話帳には◯◯地方裁判所◯◯検察審査会という名称で載っている)

 

検察審査会への審査の申立てや相談にはいっさい費用はかかりません。不起訴処分に不服の場合には、まず、最寄りの検察審査会に問い合わせたり相談してみましょう😌

 

検察審査会への申立ての手続きは簡単ですまた、検察審査会ではどういうことを行っているかについて、同会でドラマ仕立ての広報用ビデオを用意しているので、借りて見ておくのもよいでしょう😊

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石)近親者の入院付添費や入院雑費は⁇(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

治療に関連する様々な費用も、内容によっては損害として十分認められます。

 

例えば被害者が看護体制が十分ではない病院に入院することになれば、職業付添人や近親者が付き添うことになるでしょう。

 

この場合には、職業付添人では自費全額、近親者付添人では1日6500円(目安)が認められます。

 

ただし、病院の看護体制や被害者の年齢、重症度などによっては付き添いが必要ないと判定される場合もあります。

 

このとき、医師の指示書がないと、付き添いが必要かどうかの判定ができないとして認められない可能性がありますので、必ず医師の指示書をもらっておきましょう。

 

 

1人で通院できない場合も付き添いが必要になりますが、この場合には、通院付添等で1日3300円(目安)が認められます。

 

これは、症状が重かったり、被害者が幼児であるなど、必要だとみなされた場合に限り、認められるものです。

 

 

入院中には、洗面用具や寝具、紙おむつ、電話代など様々な雑費が必要となりますが、これらの雑費も損害として認められています。

 

このように、入院に伴う様々な出費は、まとめて入院雑費と呼ばれています。

 

入院雑費は、かかった費用全ての領収書を被害者に提示させて立証することが困難です。

 

そこで保険会社は、自賠責保険の入院雑費「1日1100円(領収書不要)」という基準を提示してくることがよくあります。

 

しかし、判例では「1日1500円」という定額の雑費を認めていますから、無理に1100円と言う額を受け入れる必要は無いようです。

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石) 再捜査で不起訴が覆るケースもある(・・❗❓ (交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

不起訴の場合、被害者側には不服に思うことが少なくないでしょう😲💦

 

当然、不起訴の理由を聞きたくなると思います😣

 

電話ではくわしいことを聞けないので、直接会って、検察官に聞くようにしたい最近の検察官は、その要求に答えてくれるようになっているようです

 

面会のときには、検察には渡っていない、被害者側でもっている資料や証拠品などがあったら持っていくようにしましょう😣

 

起訴猶予など加害者の不起訴処分が決まっても、再捜査を求める被害者側から提供された新しい情報や証拠品などにより、検察で事件を検討し、改めて再捜査や調査、加害者や被害者の事情聴取等を行うようなこともあります。

 

その結果、起訴したほうがいいと担当の検察官が判断して、不起訴がくつがえることがあるようです。

 

また、最初に出された診断書と異なって治療が長引いたり、加害者が不誠実だった場合など、不起訴が見直されて起訴されるケースもあります。

 

ですから、不起訴処分に不服の場合には、まず最寄りの検察審査会に問い合わせたり、相談してみるようにしましょう😊

 

交通事故に遭ってお困りの方、どんな些細なお悩みでも一度当院にご相談ください❢

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石)ひき逃げや無保険者の人身事故は政府が保証!(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

①ひき逃げ事故で加害者がわからない

②加害者の車が自賠責保険をつけておらず、賠償能力が全くない

③加害者の車が盗難車で自賠責保険の適用を受けられない

 

…など、依頼者に損害賠償を請求することができない場合、政府の保障事業制度により、被害者に対して政府が自賠責保険と同じ内容で給付金を支払ってくれます。

 

 

支払いの請求についてはどの保険会社でも共済でも構いません。

 

この政府保障事業は、保険会社から自賠責保険の保険料の一部を国に納付させ、これをもとに、人身事故で被害を受けたにもかかわらず、損害賠償を請求する相手がいなくて困っている被害者に支払いをするものです。

 

 

ただし、自賠責保険と比べると、「被害者の過失の割合によって細かく減額される」「健康保険を使った治療しか認められず、健康保険の治療よりも高額になる自由診療で治療をした場合には、健康保険の診療に換算した治療費しか払ってくれない」「仮渡金や内払金の制度がない」「請求してから支払いまでの期間が長く、半年から1年かかる」などの不利な面もあります。

 

 

なお、150 CC以下のオートバイト50 CC以下の原動機付自転車は車検制度がないこともあって、「期限切れ」や「かけ忘れ」等によって自賠責保険の普及率が70%台にとどまり、無保険車が目立っています。

 

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石) 加害者の処分はどうなったかを聞きましょう😣 (交通事故)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

人身事故の被害者にとって、加害者の処分がどうなったかは当然気になります😫

 

こんなときは『被害者等通知制度』を利用しましょう。『加害者が起訴されたかどうか、起訴や不起訴の理由、起訴の場合は略式起訴か本裁判か、裁判の場合はその裁判所や裁判の日、裁判結果等』を、被害者やその親族、参考人などに教えてくれる制度です。

 

なお被害者が検察官から事情聴取を受けた場合は、通知してほしい事項(起訴か不起訴か、裁判結果など)をそのときに希望しておけば後日、知らせてくれます😌

 

事情聴取を受けていない場合や検察庁からの通知忘れ、一度聞いた事項のその後の経過などは、こちらのほうから検察庁に連絡をして知らせてもらうことになります。

 

では、どのような要領で通知を行われるか…❓

 

次のパターンがあります!

 

ただし、各検察庁における制度の浸透度によっては、この通りにいかない場合があるかもしれませんが、そのときは臨機応変に対処しましょう😊

 

🔵担当の検察官の氏名や部署名が分かっている場合

 

その人身事故を扱った検察庁に電話をすると、交換手や受付の人が出ます。「検察庁の被害者等通知制度の件で交通部の◯◯検察官をお願いします」と告げると、検察官が出て用件に答えることになりますが、通知の前に被害者等の本人であることの確認が必要で、そのための質問をされます。

 

本人だと確認されたら、尋ねる項目について教えてくれます。電話ではなく、後日、文書で知らせることもあります。

 

🔵担当検察官の氏名がわからない場合

 

「被害者通知の件です」と告げると、担当検察官等を調べる部所に電話が回ります。そこで、事件の内容、被疑者(加害者)の氏名、検察庁に事件を送致した警察署の名称、事件と本人との関係などを話すと、どの検察官が事件を担当しているかを調べてくれて、その検察官が対応してくれます。

 

🔵その他

 

「被害者相談室」に電話をして、用件を伝えます。担当検察官の部署が変わっている場合や検察官が不在の場合など、被害者相談室に処理が回ってるくることがあるので、最初からここへ電話をしてもよいでしょう😌

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

このような事故は当院へご相談ください

このような事故であればすぐにご相談ください!

  • 追突事故にあった
  • 接触事故にあった
  • 自転車と接触事故にあった
  • ひき逃げ・当て逃げにあった
  • 追突してしまった

交通事故治療の豊富な実績のある当院へお越しください


































医師も推薦

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石)根拠のない「過失割合」の提示にはどうしたいいの⁇(交通事故相談)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

Q   過失割合について加害者側の保険会社から「車が動いている以上、過失があります」というよくわからない説明を受けましたが、到底納得できるものではありません。

 

今後、どのように対応していけばいいのでしょうか?

 

 

A   この手の説明は保険会社からよくあることだそうで、「あなたには〇〇%の過失があります」との理由には全くなっていません。

 

「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」のどの事案をもとに過失割合を提示しているのかを、保険会社にしっかりと確認しましょう。

 

また、「裁判例が根拠になっています」との回答も、保険会社からよくなされる回答の1つです。

 

そのような回答が返ってきた場合には、「具体的な裁判例を送付してください」と保険会社にお願いしてみましょう、

 

送られてきた裁判例が、あなたの交通事故の状況と違うこともよくありますので、その異なる点を指摘して、過失割合の再検討を求めましょう。

 

 

余談になりますが、駐車場内の事故における過失割合の説明でよくある保険会社の回答として、「駐車場内の事故は五分五分です」というものがあります。

 

この回答も喧嘩両成敗といわんばかりの何ら根拠のないものです。

 

したがって、駐車場内に防犯カメラなどがないかを確認し、しっかりと事後状況を分析して、事故を回避することが困難であったことを主張していきましょう。

 

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

(明石) 検察官に被害者側の状況・心情を訴えよう😊 (交通事故治療)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

事故の事実や被害者の状況、心情など、検察官に言いたいこと、聞いてもらいたいことがあり、また、被害者側なりに収集した資料・情報があるのに、検察庁から事情聴取の連絡がないときはどうするか…😣❓

 

そんなときは、事件を捜査した警察署に事件が送致された検察庁名を聞き、その検察庁に電話をして、事故の内容(捜査した警察署名、事故発生日、加害者名・被害者名、事故の状況等)を話せば、担当の検察官が分かるので、その検察官あてに、被害者側が把握している事故の状況や無念な気持ち、加害者側の不誠実な態度への憤りなどを訴えた『上申書』を提出するのも1つの方法です

 

そんな堅苦しいものでなくて、単なる手紙でも構いません😊要するに被害者側の気持ちや事情を検察官にわかってもらえばいいのです。

 

また、担当の検察官に面会を申し込んで話をしても構いません以前は、なかなか会ってくれない検察官が多かったようですが、最近は検察の状況が変わってきており、『検察庁の被害者等通知制度』や『被害者支援制度』などの設置でもわかるように、被害者に親切になっています。電話で検察官に連絡をして、会って話を聞いてもらいましょう 。

 

そうでなければ、警察官は警察からの書類等の加害者の話だけで、大半は加害者の処分を決めてしまいます。人身事故の加害者の起訴率は非常に高いです💦

簡単にそうはさせないために被害者としてこの段階でもやれることはやっておきましょう 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!