被害者が加入している保険で補償が受けられないか??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

jitensha_59474088

人身事故の被害者は、その損害賠償を加害者に請求して支払ってもらうわけですが、被害者が日頃掛けている保険ーー、生命保険や傷害保険、交通事故傷害保険、団体保険などで、交通事故による死亡やケガなどの補償が受けられることがあります。

たとえば、生命保険では付帯契約(特約)で、交通事故によって入院した場合に、保険金が出るものもあるし、また、市町村の共済とか郵便局の簡易保険でも給付金や保険金が支払われることがあるので、しっかり調べてみましょう。

保険金が出るかどうかわからなければ、扱っている保険会社等に「交通事故で補償が出るかどうか」を確認してみましょう。

さらに、わずかな掛け金で加入できる種々の掛け捨て保険などでも補償が受けられることがあります。加害者・保険会社等に支払わせることばかりに気を取られて、うっかり忘れてしまいがちな、こうした被害者側で掛けているいろいろな保険についても、補償が受けられるのなら、きっちりと請求しましょう。

それも、請求には期限があるので、期限切れにならないように早い方がいいでしょう。

一度、ご加入している保険について、見直すことも大切です。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA