交通事故に巻き込まれたら…

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

交通事故に遭った際にしてはいけないこと、それは「すぐにその場から立ち去ってはいけない」ということです。

 

どれだけ大事な用事があろうと、その場をすぐに立ち去ってはいけません。もし、後から痛みが出てきて病院に行き、その治療費を交通事故の加害者に請求しようと連絡をしても、加害者が電話に出なかったとしたら、どうすることもできません。また、困って後日、警察に行っても、事故が発生した際に警察を呼んでいないため、交通事故に遭ったと証明することもできません。

 

交通事故が起きると、被害者も加害者もパニックに陥ってしまいます。そして、誤った対応をし、後悔するようなことになってしまいかねません。そのような事態を避けるためにも、事故直後はきちんと対応を取ることが大切です。

 

そこで、交通事故に巻き込まれた際の心得として、交通事故の現場で「してはいけないこと」「しなければいけないこと」をきちんと覚えておきましょう!!

 

✘ 交通事故の現場でこれはNG!

 

❶金銭のやり取り(示談)

 

❷すぐに立ち去らない

 

❸自分に不利な事情を隠さない

 

◯ 交通事故の現場でするべきこと

 

❶必ず警察に連絡

 

❷加害者や車の情報を取得

 

❸事故現場の証拠を収集

 

❹自分が加入している保険会社に連絡

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA