自分で裁判手続きをすると不利!?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 image

 先日、交通事故の患者さんからこのような相談を受けました。

 

「示談金の交渉をしたけれど、全く進展がないため、裁判をして解決したいと思っているんだけど、弁護士費用がもったいないから、自分で裁判の手続きをしようと考えている…この場合、何か不利になることってあるの??」

 

この場合、ただちに何か不利になるわけではありません。しかし、裁判手続きは複雑な面もあり、また裁判所の裁判官が、被害者を守るために親切に手とり足取り教えてくれるわけではありません。

 

通常、裁判になれば、加害者側の保険会社は弁護士をつけてきますので、その弁護士が被害者の主張をつぶそうと反論してきます。それに対して適切に反論し、こちらの主張を立証していくということは、簡単にできるものではありません。

 

そうすると、事実上、十分な主張・立証ができず不利な判断をされることもあり得るので、やはり、弁護士費用がかかっても、弁護士に裁判手続きを依頼すべきといえます。

 

ちなみに、判決で請求が一部でも認められる場合、弁護士費用についても請求して認められた額の10%程度を損害として請求できます。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA