任意保険にはどんな役割があるのか??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

image自賠責保険の支払いだけでは足りない損害賠償請求額を支払うのが、任意保険(自動車保険)です。

さらに任意保険でも補いきれない請求額は、加害者本人の負担となり、もしも、加害者が任意保険に入っていなければ、大変な負担になります。

任意保険は、どういった事故のどのような損害を補償するかという内容から、いくつかの種類に分けられます。人身事故の被害者の補償に関係してくる任意保険には、次の7種類があります。

①対人賠償保険ーー加害者が、相手の車に乗っている人や、通行人、あるいは自分の車に乗せている他人をケガさせたり、死亡させたときにその損害賠償金を支払うための保険です

②対物賠償保険ーー相手の車両や他人の家や門、あるいはガードレール、街灯など他人の物を壊したときに、その損害賠償金を支払うための保険。

③自損事故保険ーー相手のいない単独事故とか、相手がいてもこちらに100%の過失がある場合など、誰にも損害賠償請求をできない場合。

④搭乗者傷害保険ーー交通事故で、その車に乗っている者(本人はもちろん同乗者も)がケガをしたり、死亡したときに支払われる。被害者で、加害者から賠償してもらえる場合も支払われる。

⑤車両保険ーー本人の車が交通事故、物の飛来・落下、火災、台風などで壊された時や、盗まれたときにこの保険で補償される。

⑥無保険車傷害保険ーー無保険の車との事故で、被害者がケガをしたり死亡をしたのに、相手から十分に賠償してもらえない場合に、それをカバーしてくれる保険

⑦人身傷害補償保険ーー無保険車傷害保険の改良型であり過失相殺の自己負担分も保険金で支払う。交通事故により、本人(歩行中など社外にいる場合も含めて)や一緒に乗っている人がケガをしたり死亡したとき、事故の原因となった過失の割合にかかわらず、実際の損害額を満額補償する保険です。ただし、この保険に入っていない被害者は、相手の車がこれに入っていてもその保証はないい。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-13

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA