人身事故でも保険会社同士の示談があります。

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

キッズルームで小さいお子様も安心人身事故でも、物損事故と同じように、示談を損害保険会社対損害保険会社で行い、被害者、加害者の出番がほとんどないケースがあります。

たとえば、車同士の事故で両方の運転手がケガをしたケースで、それぞれの車が任意保険に入っていた場合、治療費は各保険会社が相手の分を支払い、示談においても保険会社同士で話を進め、過失割合などを決めて、お互いの損害賠償額を払いあいます。

もちろん、ケガをした本人の同意や納得が必要ですが、本人が「それでいい」と了承すれば、保険会社同士の示談で解決…という流れになります。

また、近年、各損害保険会社が熱心に売り出している「人身傷害補償保険」に事故をした車の車両が入っている場合には、過失の割合に関係なく、それぞれが入っている保険会社から保険の範囲内で損害額が支払われ、後は、過失割合などに基づいて保険会社同士で損害額を請求しあう場合もあります。

しかし、被害者が示談を保険会社任せにするのは慎重にしたほうがいいでしょう。保険会社の担当者があまりにも悪質だったり、態度が悪い場合は、とうてい円満な解決は無理です。その担当者との交渉を断るか、担当を代わってもらうように申し伝えましょう。そもそも示談交渉というのは、被害者の「示談代行でいいですよ」という同意がなければできないことになっています。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA