等級認定が難しい「むち打ち症」とは??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 image

交通事故で追突され、首に強い衝撃を受けたときの頚椎捻挫が、一般的に言われる「むち打ち症」です。むち打ち症は、「頚椎捻挫」「むち打ち損傷」「頚部挫傷」「頚部外傷」「外傷性頚部症候群」と診断書に記載され、肩こりや頭痛、手のしびれ、めまい、吐き気といった症状をともないます。

 

むち打ち症と認定された場合は、12級で3年から514級の場合は2年ないし3と短縮されて処理される傾向にあります。

 

このむち打ち症が厄介なのは、レントゲンで撮影しても客観的な症状がわかりにくいため、第三者による等級認定が難しい点です。

 

自賠法で第1213(局部に頑固な神経症状を残すもの)もしくは第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当すると認定されても、任意保険会社は、労働能力の喪失割合を低く算定し、期間についても短期間しか認めない傾向があります。

 

裁判でむち打ち症を判断する3つの要素

 

●衝突自体の衝撃と事故が身体に与えた影響の程度。

●衝突時の態様、被害者の姿勢。

●発症の経過と変遷。当初の医師の診断と治療経過。

 

むち打ち症の症状でお困りの方、また治療に関して詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡3231

https://line.me/R/ti/p/%40aea6455s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA