自賠責保険〜支払限度額はいくら?~

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携

自賠責保険では、傷害、後遺障害、死亡事故ごとに保険金の支払限度額が異なり、入院、休業補償などの項目ごとに1日当たりの支給限度額が決まっています。

 

「傷害による損害」への支払限度額は120万円で、治療に関する費用、看護費用、休業補償、傷害慰謝料などが認められます。また、義肢や眼鏡、さし歯などの費用も治療に関する費用として必要かつ妥当な範囲で認められます。

 

「後遺障害による損害」は逸失利益や慰謝料などが認められ、最も重い1級で4000万円(介護を要する場合)、最も軽い14級では75万円を限度に支払われます。

 

これ以上は回復が望めない状態(症状固定)と診断された時点で後遺障害の損害賠償請求へと切り替わり、症状固定前までは傷害保険金が別に支払われます。

 

「死亡による損害」は、3000万円が限度となります。葬儀費用、逸失利益、本人と遺族に対する慰謝料が支払われ、死亡に至るまでの「傷害による損害」は、後遺障害の場合と同様に別枠で支払われます。

 

また、被害者や加害者が複数いる場合、たとえば1台の車両が何人もの被害者に損害を与えた場合は、被害者ごとに保険金が支払われます。

 

1人の被害者に対し、加害車両が2台以上ある場合は、加害者ごとの自賠責保険に請求ができるため、被害者の総損害額を限度に「自賠責の支払限度額×加害車両」が自賠責保険の支払限度額となります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA