示談書で注意すべき点について!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-maru-sub-150615

交通事故に遭うと必ず行わなければいけないのが「示談」です。

金額についての話がまとまったら、「示談書」を作成し、署名押印をして示談となります。

 

通常は加害者側の保険会社が示談書{「免責証書」と題する文書}を作成して、送ってくるでしょう。したがって、この示談書におかしなところがないかを確認するわけですが、特に注意すべきなのは以下の2点です。

 

❶最終支払金額

当然ですが、示談によって受け取る金額を確認します。示談書の形式にもよりますが、多くの場合は以下が記載されています。

 

①治療費等もふくめた損害額の合計金額

②過失相殺額

③既払金額

④最終支払金額

 

交渉でまとまった④の金額を新たに受け取るという内容になっているかを確認します。

 

❷後遺障害部分の示談をしないとき

 

傷害部分の示談だけをする場合で、あとに後遺障害部分の請求をする可能性があるときには、「後遺障害が発生した場合には、別途協議する」等の条項を入れる必要があります。

 

交通事故で辛い思いをされた方が、示談でさらに嫌な思いをされないように、悔いのないよう冷静に対処しましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA