損害額はできるかぎり、大きな額を提示する!!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

image

損害額について、まず、損害項目に漏れがないようにしてください。「看護料」「入院雑費」は忘れがちなので注意しましょう。

 

また、赤い本を参照したとしても、どのように損害額を算定すればよいか迷う場面は多くあります。このような場合、どのように算定して加害者側の保険会社に提示すべきでしょうか…?

 

まずは法律的にあり得る算定方法のうち、最も大きい金額を提示すべきです。

 

当然、加害者側に保険会社にも言い分はありますが、それは言われた時点で考慮すればいいです。

 

最初の損害計算(初回提示)は、最終的な示談額として妥当な金額を算出して示談を行うというよりは、加害者側との交渉のたたき台を作成するつもりで、まずは、できるかぎり大きな金額を示しましょう。

 

また、赤い本の基準はあくまでも目安です。特に、傷害慰謝料については、ひき逃げや酒酔い運転などの事情があれば、増額を主張すべきです。

 

誤解のないように申し上げますが、できるかぎり大きな金額を提示するということは、法律的にとおらない金額を示すことではありません。こうした金額を提示すれば、加害者側の態度を硬化させるだけで交渉の進展は望めません。

 

最終的には、保険会社側に弁護士がつき、被害者側の請求が認められないように反論や立証をしていきます。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA