示談交渉を始める時期は? 

示談交渉を始める時期は? <傷害事故のケース>

image

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

 

死亡事故と傷害事故とでは、示談交渉の進め方が異なります。

 

♦傷害事故のケース

 

傷害事故の場合には、①後遺障害等級申請を行わない場合と、②後遺障害等級申請を行う場合とで異なります。

 

①後遺障害等級申請を行わない場合

 

傷害慰謝料(入通院期間に応じて支払われる慰謝料)は「治療期間」を基礎に算定されるため、治療が終了しなければ損害額の算定はできません。

 

したがって、本格的な示談交渉の開始時期は、「治療終了時点」となります。

 

②後遺障害等級申請を行う場合

 

「後遺障害等級申請」を行った場合、後遺障害別等級表の第1級から第14級、または非該当との回答が、加害者の自賠責保険会社、あるいは任意保険会社からあります。

 

認定された後遺障害等級の内容によって、「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」(後遺障害が残ったことにより得られる収入が減ることから、これを補償するために支払われます)の金額に違いが出ることになります。

 

したがって、後遺障害等級認定の申請を行う場合の本格的な示談交渉の開始時期は、「後遺障害等級申請に対する回答が返ってきてから」となります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA