健康保険利用の治療、被害者負担の場合の自賠責保険との関係は??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

image交通事故の治療に健康保険を利用した場合において、その治療費を加害者や保険会社が支払ってくれる時は問題ありませんが、支払ってくれないので被害者が自分で支払った場合、健康保険と自賠責保険との関係はどうなるのでしょうか?

たとえば、ケガの治療に国民健康保険を利用して180万円かかり、自己負担額が3割で54万円を支払ったとします。自賠責の傷害による損害の支払い限度額は120万円だから、被害者は「被害者請求」で自賠責から54万円支払ってもらい、あと66万円の自賠責が残っているかどうかということになると、そうはならないことが多いのです。

180万円の治療費のうち被害者が54万円支払い、残りの126万円は国民健康保険が支払ったわけですが、この126万円は国民健康保険は加害者に請求することになり、全額をまず自賠責保険の元に行きます(被害者の過失が7割以上の傷害事故の場合は2割減)。これにより、被害者には自賠責か治療費やそれ以外にかかった費用、慰謝料などが支払われる余地はなくなったということになります。

ただし、この場合、いわゆる【早い者勝ち】で、被害者が、国民健康保険が自賠責に請求するより先に、「被害者請求」や「仮渡金」「内払金」を自賠責に請求することにより、自賠責保険を手に入れることは可能です。

政府管掌健康保険や国民健康保険などは、健康保険組合(企業別、同業別の組合組織)よりも自賠責への請求が遅れがちだといいます。

なお、損害保険率算出機構等の判断で、請求の時期が大して変わらないときは、健康保険組合等への支払いが優先されるとのことです。

【早い者勝ちの請求】という点ついては、健康保険には「高額療養費の支給」という被害者にとって非常に心強い制度があるので、それとの兼ね合いで考えましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA