平成27年2月末の明石市内交通事故発生状況

平成27年2月末の明石市内における交通事故発生状況は、
交通死亡事故2件発生。
人身事故件数と傷者数は、前年同期に比べて減少した。
あかしの交通事故概況

明石警察署発表の明石市内交通事故発生状況によると、前年に比べて交通事故の件数が減少していました。

平成26年2月末が244件でしたが、平成27年2月末は228件でした。

人身事故の65%はお互いが車両同士の事故です。
事故の場所は交差点と交差点付近で合計74%を占めています。

交差点での事故がほとんどという事になりますので、自動車を運転の際は、交差点が近づきましたら、周囲の状況により注意を払って運転する必要があります。また、人身事故では、安全運転義務(前方不注視)によるものが最も多いので、運転中にスマホ携帯電話の操作はやってはいけないのはもちろんのこと、オーディオの操作や車内での同乗者とのやりとりなど、極力、前方から目を離す行為は控える必要があるといえます。

魚住での事故は明石市内でも多く46件ありました。続いて、大久保が多いようです。

事故の多い地域では十分に注意して運転しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA