ひき逃げや無保険車の人身事故は政府が保障☆

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

jitensha_59474088

①ひき逃げ事故(接触や衝突などの当て逃げも含む)で加害者が分からない

②加害者の車が自賠責保険を付けておらず、賠償能力が全くない

③加害者の車が盗難車で自賠責保険の適用を受けられない

など、加害者に損害賠償を請求することができない場合、政府の保障事業制度により、被害者に対して政府が自賠責保険と同じ内容(限度が傷害120万円、後遺障害3000万円、死亡3000万円)で給付を行ってくれます。支払の請求についてはどの保険会社でも共済でもかまいません。

この政府保証事業は、保険会社から自賠責保険の保険料の一部を国に納付させ、これを基に、人身事故で被害を受けたのにもかかわらず、損害賠償を請求する相手がいなくて困っている被害者に支払いをするものです。

ただし、自賠責保険と比べると、「被害者の過失の割合によって細かく減額される」「健康保険を使った治療しか認められず、健康保険の治療よりも高額になる自由診療で治療をした場合には、健康保険の診療に換算した治療費しか払ってくれない」「仮渡金や内払金の制度がない」「請求してから支払いまでの期間が長く、半年から一年かかる」などの不利な面もあります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA