損害賠償を請求・解決する3つの方法☆

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携

人身事故では、被害者側は加害者側に損害賠償を請求する権利があるし、また、請求しなければ賠償してもらえません。

その請求・解決の方法としては、次の3つの方法があります。

①示談交渉…被害者側が加害者側に損害賠償を請求して、両者が納得できる条件(金額・支払方法=一括で即時に支払うか、分割払いかなど)を話し合って自主的に解決する方法。

②調停の申し立て…被害者側・加害者側の示談交渉がスムーズに進まない場合、簡易裁判所に申し立て、調停委員が立ち会って話合いによって解決する方法。

③訴訟提起…示談で話がつかなかったり、調停でもまとまらない場合、裁判の決着をつけて加害者に支払わせようとする方法。示談がダメ、次に調停をやってそれでもダメだから訴訟、ということではありません。もちろん、そういったケースも少なくありませんが、示談がダメで、すぐに裁判に訴えるケースのほうが多いのです。

なお「調停」にもちこまれたり、「裁判」になったりするのは次のような場合です。

①死亡や重度の後遺症が残るなど、重い人身事故のケースは、さまざまな要素がからんで話し合いでは解決がつかず、究極の解決方法である裁判に持ち込まれることが多い。

②加害者と被害者の間で、事故の原因となった過失の割合をめぐって争いがあるとき。この過失の割合は損害賠償額に大きく影響してくる。

③損害賠償額について、被害者側と加害者側との間で金額の大きなズレで争いがあるとき。話し合いではなかなかズレが縮まらず、妥協点が見いだせないので調停や裁判となる。

④感情的なもつれがあるとき。加害者に誠意がない、と言った場合、こらしめる意味を含めて調停を申し立てたり、裁判で慰謝料増額等の損害賠償請求を行う…など。

示談でのお悩み等もお気軽に当院までご相談ください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA