交通事故で壊れた車の買替費用は請求できますか?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

manga-150330-7

自動車そのものの損害については、修理費用を請求するのが原則です。通常、被害車両の評価額(時価)よりも修理費の方が安いのであれば、修理費用しか請求できません。

 

しかし、修理によっても、車は完全に元に戻らず、走行に支障が生ずる場合は、完全な修理は不可能といえ、全損として、車の買替費用を認めるのが相当だと考えられます。

 

裁判所でも、車が大破し、修理をしても走行機能に欠陥が生じることが推測される場合に、車両の全損と見て買替費用の賠償請求を認めたものがあります。

 

たとえば、被害車両がほとんど原形をとどめない姿になるまで破損し、シャーシ自体が歪み、修理しても安全に走行できるかわからず、修理費用も車の評価額に匹敵する費用であれば、買替費用として賠償請求が可能になります。

 

車の買替えが認められた場合、たとえば、買替費用分が200万円で、車がスクラップとして10万円の価値があるとすれば、加害者側としては、買替費用の200万から10万円を差し引いた分の190万円を損害として賠償することになります。

なお、修理により原状回復が可能な場合で、車の評価額より修理費用が高い場合も全損扱いです。

 

交通事故に関する疑問、お悩み事は当院にご相談ください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA