警察の事故証明がない場合…保険金はどうなる?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

自動車を運転中に、交差点で一時停止を怠り、ライトバンと接触事故を起こしてしまったAさん。幸い相手のケガも大したことはなく、「きちんと賠償してくれるなら、示談で済ましてもいい」と言われ、警察へは届けませんでした。2日後に保険会社に賠償の件で話したところ、「警察の発行する事故証明がなければ、保険金の支払には応じられません」と言われました。やはり警察の事故証明がなければ、請求できないのでしょうか?

 

当然のことながら、交通事故があってはじめて、保険が適用されて、保険金が支払われます。そこで、保険会社としては、実際に交通事故があったことを確認してから、保険金を支払うことになります。

そしてこの確認方法について、保険会社は保険金の搾取を警戒して、交通事故が実在した確かな証拠として、警察の発行する事故証明を要求するようになっています。

では事故証明がないと、絶対に保険金は請求できないのでしょうか。確かに、道路交通法上、交通事故を起こしたものには、事故の報告義務が課せられています。しかし、それは行政の問題であって、保険の問題とは別です。

保険会社としては、本当に交通事故があったことが確認できればいいのです。難しいとは思いますが、目撃者の証言などによって、保険会社に対して事故を証明するように努力しましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA