慰謝料が増額されるケースとは!?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

慰謝料の相談が出来ます

慰謝料とは精神的な損害に対する賠償です。ケガをして入院または通院した場合、後遺障害が発生した場合、被害者が死亡した場合に認められます。

 

事故の種類別の慰謝料として…

 

〖傷害慰謝料〗

 

入院・通院の期間、ケガの状態により一定の基準額が決まっている

 

〖後遺障害慰謝料〗

 

傷害事故の慰謝料と同様、後遺症の慰謝料も後遺障害等級に応じてある程度定額化されている。

 

〖 死亡慰謝料 〗

 

死亡した本人とその遺族に対して支払われる。請求する権利があるのは父母(養父母も)、配偶者、子(養子、認知した子、胎児も)。死亡した本人の一家内の立場により定額化されている。

 

👉慰謝料が増額されるケースとは…!?

 

加害者が過失の大きさや、事故後の態度の悪さが精神的苦痛を増大させたと判断される場合は、慰謝料が増額されることがあります。

 

♦加害者の過失の大きさ

 

飲酒運転、スピード違反、居眠り運転、無免許運転、信号無視、わき見運転など…

 

♦事故後の態度の悪さ

 

不自然・不合理な供述、不誠実な態度、証拠隠滅、救護義務違反、ひき逃げ、被害者に責任転嫁する言動など…

 

♦ほかの損害項目に入らないものを慰謝料でまかなおうとする場合

 

逸失利益に算定しにくい項目を、逸失利益ではなく慰謝料でカバーする場合…

 

♦被害者に特別の事情がある場合

 

妊婦が胎児を流産、または死産した事故が原因で、婚約破棄・離婚したなど…

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA