「損害の賠償」を定めた法律

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-tellbig

損害賠償とは、「損害を与えてしまった者が、その損害を自ら埋め合わせる」ことです。これを法律で明記しているのが民法709条です。

 

👉民法第709

故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う

 

ただし、民法の原則では、損害賠償請求することにより利益を得る者(被害者側)が以下の4点について立証できなければ、損害賠償を受けられないことになっています。

 

1⃣加害者側に故意または過失があること

 

2⃣加害者の行為が違法であること

 

3⃣事故と損害の因果関係

 

4⃣損害が生じたこと

 

これまでは、「故意(わざと)」や「過失(不注意から事故を起こしてしまった)」といった加害者の心情までを被害者が立証する必要があったので、民法による損害賠償請求が非常に難しく、被害者が泣き寝入りすることもしばしばありました。そうした状況を改善するため、昭和30年に被害者救済を目的に民法の特別法として、自動車損害賠償保障法(自賠法)が制定され、それに基づいて運用される自動車損害賠償責任保険制度が確立されました。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA