後遺障害部分の示談金

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-maru-sub-150615

後遺障害等級認定の事例を紹介したいと思います。

 

【Q】

むち打ち症で14級の後遺障害等級認定を受けることができましたが、加害者側の保険会社からの後遺障害部分の示談金は「75万円」の提示しかなされていませんでした。この示談金は妥当なのでしょうか!?

 

【A】

結論から言ってしまうと、妥当な金額ではありません。75万円の提示額は、「後遺障害慰謝料」(後遺障害等級が認定された場合のみ。)と、「逸失利益」(後遺障害等級認定がなされた場合のみ。後遺障害が残ったことによって失った利益を意味します。労働能力の低下によって得られる収入が減ることから、これを補償するために支払われます。)をふくんだ合計金額で、「自賠責保険」の最低額の賠償金額にすぎません。

 

14級の後遺障害等級認定を受けた場合、「裁判所基準・弁護士基準」(裁判所の交通事故の民事訴訟で用いられる損害額算定基準)だけでも110万円という示談金になります。

 

適正な示談金を受け取るためには、最終的に弁護士に依頼するのも1つの手段といえます。

 

👉後遺障害慰謝料

 

・第1{2,800万円}、第2{2,370万円}、第3{1,990万円}、第4{1,670万円}

・第5{1,400万円}、第6{1,180万円}、第7{1,000万円}、第8{830万円}

・第9{690万円}、第10{550万円}11{420万円}、第12{290万円}

・第13{180万円}、第14{110万円}、非該当{0}

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA