示談書で注意すべきこと!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-maru-sub-3示談の交渉の際には、どこまでこちらの主張を押し通すか、という点がポイントになります。

被害者がいくら裁判上妥当な金額を初回提示したとしても、交渉はあくまで裁判外の話合いになります。加害者側の保険会社が納得しなければ交渉はまとまりません。

裁判になった場合にはさらに時間もかかり、弁護士を使えば費用もかかるし、裁判所に出廷しなければならないこともあり得ます。

それらを考慮したうえで、どこまでこちらの主張を押し通すかを検討する必要があるのです。

また、こちらの「初回提示」の金額が、裁判になった場合に本当に認められるのかという観点からの検討も必要です。

損害金額について相手側の保険会社と話がまとまったなら、「示談書」を作成し、署名押印をして示談となります。

通常は加害者側の保険会社が示談書を作成して、送ってくるでしょう。この示談書におかしなところがないかを確認するわけですが、特に注意すべきことは以下の2点です。

①最終支払金額

示談によって受け取る金額。示談書の形式にもよりますが、多くの場合は以下が記載されています。

1.治療費等も含めた損害額の合計金額

2.過失相殺額

3.既払金額

4.最終支払金額

交渉でまとまった「4」の金額を新たに受け取るという内容になっているか確認します。

②後遺障害部分の示談をしないとき

傷害部分の示談だけをする場合で、後に後遺障害部分の請求をする可能性があるときには、「後遺障害が発生した場合には、別途協議する」等の条項を入れる必要があります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA