通院先の病院を変える方法☆

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

akonowake-1交通事故にあった後、重症の場合には救急搬送されて、そのまま入院ということになります。

しかし、そこまでの状態ではない場合、救急搬送された病院で初診・治療を受け、その後は自宅近くの病院に通院するとか、救急搬送されることもなく自ら病院に行って診てもらい、その後も通院するということになります。

よく被害者の方が勘違いされてるのは、通院先の病院を変更できることです。救急搬送された病院で最後まで治療を続けなければならず、転院できないと誤解されている人が意外と多いのです。

加害者側の保険会社が治療費を負担してくれるからといって、自分には病院を選択する権利がないというわけではありません。

通院先を変更する際には、加害者側の保険会社に今の通院先では十分な治療を受けられない点、転院先の病院の特色などを電話や書面で伝えればよいでしょう。

まれに、それだけでは転院を認めてくれないこともありますが、その場合は、仕事の都合で自宅近くまたは転勤先の近くの病院がいいなどの理由を伝えれば、大抵の場合、応じてくれます。

また、自宅や転勤先からは遠い病院であっても、評判のよい病院であれば、その点を伝えることによって転院を認めてくれることもあります。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡 323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA