交通事故の解決方法☆

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

慰謝料の相談が出来ます交通事故における示談の場合、多くは裁判等を起こさず、加害者側の保険会社との交渉による「示談」によって解決されています。これを任意交渉といいます。

任意交渉の場合、裁判等とちがってあくまでも交渉ですから、当事者同士が合意すれば、ある程度融通を利かせた内容とすることができることもあります。なお、任意交渉の場合、双方が互いに譲り合わなければ解決に向かわず、かえって解決に時間がかかることもあります。

加害者側との任意交渉で示談がまとまらなかった場合、裁判や調停という選択肢もありますが、ADR機関(裁判所以外で第三者の弁護士が仲裁などをしてくれる場所)を利用するという方法もあります。

ADR機関の場合、裁判や調停に比べると解決までに要する期間が短く、弁護士に依頼しなくても被害者自身で簡単に利用できるという特徴があります。

ADR機関の代表的なものとしては、「公益財団法人交通事故紛争処理センター」や「公益財団法人日弁連交通事故相談センター」などがあります。

いずれも無料で利用することができ、あっせんを受けることができますから、被害者本人も利用しやすいといえます。

また、これらのADR機関で解決できなかった場合、改めて裁判や調停を提起することもできます。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA