誰に損害を請求できるのか??

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

akonowake-1交通事故は民法上の不法行為(民法第709条)となりますから、事故を起こした運転者本人は民法に基づき、被害者に発生した損害の賠償責任を負います。

また、人身事故(人の死傷が発生した事故)の場合、自動車損害保険賠償保障法第3条により、運転者本人だけでなく、その車両の保有者も被害者に対しての賠償責任を負います。

つまり、運転していた人とその車の保有者が異なる場合、被害者は運転者本人にも保有者にも損害賠償を請求できるのです(なお、両者に請求できるということにすぎず、2倍の損害賠償を受けられるわけではありません)。

もっとも、実際には、自賠責保険に加えて任意保険に加入している自動車がほとんどですから、多くの場合、加害者の車が加入している保険会社が損害賠償をすることとなり、運転者本人に請求するか、保有者に請求するか迷うことはないでしょう。

交通事故の被害にあったら、まずは加害者が任意保険に加入しているか否かを必ず確認しましょう。

 

物損事故(人の死傷がなかった事故)の場合、人身事故とは異なり、加害車両の保有者には賠償責任はありません。そのため、被害者が請求できる相手は「運転者のみ」ということになります。

ただし、加害者が業務を遂行中に起こした事故であれば、「運転の使用者(勤務先の会社など)」が使用者責任(民法第715条)を負うことになります。したがって、被害者は使用者に対して損害賠償を請求することができます。

加害者が業務遂行中に起こした事故によって被害を受けた場合には、必ず加害者の「就業先」を確認しましょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA