損害賠償額の実際の算定例

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携

物損事故の損害額の算定は、修理代+評価損+代車料+その他(破損した眼鏡代や衣料代)であることはすでに述べたとおりです。

 

以下で具体的な物損事故を想定して考えてみましょう。

 

甲所有のA乗用車(事故時の評価額180万円)と乙所有のB軽トラック(事故時の評価額80万円)が衝突し、双方が破損した。修理費はA車50万円、B車は全損で修理不可能であった。

 

また、甲は事故により車が使用できないのでレンタカーを修理期間中の5日間借り、この費用が10万円であった。乙も同じく同型の中古の軽トラックを買うまでの5日間レンタカーを借りて、その費用が8万円であった。その他の損害はなかった。なお、双方に過失があり、甲の過失30%、乙の過失70%で合意した。

 

この場合の損害額の算定は…

 

♦甲の過失30%

【甲の車の損害額】

①修理費…50万円

②レンタカー代…10万円       合計 60万円➡A

 

👉甲の負担額

A×0.3+B×0.3=44万4000円

 

♦乙の過失70%

【乙の車の損害額】

①全損…80万円

②レンタカー代…8万円       合計 88万円➡B

 

👉乙の負担額

A×0.7+B×0.7=103万6000円

 

結局、乙は自分の損害を自分が負担したうえに、さらに甲に15万6000円支払うことになる。

 

なお、車を修理する場合には、必ず保険会社(任意保険)に連絡して、破損の状況や程度を確認してもらってください。

 

これは、相手方の対物保険、自分の車両保険を利用する場合でも同様です。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA