弁護士の異議申立ての見込みを聞く手もあります!!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携

認定結果が妥当な場合もあれば、認定理由を分析してもよくわからないことなどもあり、異議申立てをすべきか判断に迷うことがあります。

 

そのような場合には、交通事故案件を多く取り扱う弁護士などが開催している「個別相談会」などを利用してみましょう。

 

そこで、異議申立てによって認定がくつがえる見込みなどを聞くことで、今後の方針を立てることができます。

 

単なる可能性を信じてやみくもに異議申立てをしたところで、当初の認定結果と同様の認定結果が戻ってくるのをただ待つだけという無駄な時間が続き、かえって解決時間が長引き、苦しむ結果にもなりかねません。

 

ちなみに、注意が必要ですが、弁護士の専門家であれば、誰に聞いても的確かつ有意義なアドバイスが得られると思っているのは大間違いです。

 

交通事故の案件、特に後遺障害等級認定の分野は、医学的な知識も必要となる専門性の高い分野ですので、必ず後遺障害等級認定の申請経験が豊富な弁護士に相談するようにしましょう。

 

当院には、年間100人以上の治療実績があります。交通事故の被害者の方を少しでも多く救済できるように、夜も10時まで最終受付をしております。

仕事が長引いて遅くなる方も、焦ることなく通院していただけますので、痛みを我慢せずにお越しください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA