加害者が任意保険に加入していなかったら・・・

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携

交通事故の加害者が任意保険に加入していない場合でも、被害者が契約している任意保険契約のなかに「無保険車傷害特約」が含まれていれば、その保険会社から、死亡・後遺症による損害に対する保険金支払を受けることができます。

また、被害者の任意保険に「人身傷害特約」が含まれていれば、対象車両に搭乗していた人の傷害・後遺症・死亡について、被害者の「過失割合」に関係なく、特約の範囲内で保険金支払を受けることができますので、加入されている自動車保険の証書を確認することをおすすめします。ご家族の加入している自動車保険から保険金が支払われる場合もありますので、ご家族の保険も確認されるといいでしょう。

 

任意保険未加入の加害者に対して訴訟で賠償金の支払を命じる判決を得ても、相手が判決どおりに支払わない場合、判決に基づいて「強制執行」という別の手続で強制的に相手から支払を受けることができます。

強制執行のうち、一般的に用いられるのは次の二つです。

①相手方の不動産を競売にかけて、その売却代金から支払をうける「不動産執行」

②相手方の預金、給与を差し押さえて銀行や勤務先から直接お金の支払をうける「債権執行」

判決後の強制執行の手続は、一般の方が独力でやるには複雑です。裁判時に自分が依頼した弁護士に強制執行について相談して、その見通し、方法、費用などをお聞きになるといいでしょう。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA