損害賠償の算定基準は、この3種類です!

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

当院には年間100人以上が交通事故のむち打ち治療で通院されています

各損害に対する賠償額の算定基準は、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準」の3種類です。
これらの基準は、それぞれの立場、目的に違いがあり、いずれの基準も一応の目安であり、事故の状況によって、賠償額は増減する場合があります。
「自賠責保険基準」
自賠責保険は、車両の保有者に法律上その加入を強制しているもので、最低限の保証を行うことが目的です。被害者側に過失がある場合、通常は被害者の過失割合に応じて損害賠償額が減額されるのですが、自賠責保険は重い過失がなければ減額されないため、任意保険基準や裁判所基準よりも被害者に有利なものです。これは自賠責保険が被害者救済という観点で組み立てられているからです。おおまかな支払い基準を国土交通大臣および内閣総理大臣が定めて公表されています。
「任意保険基準」
任意保険会社が示談交渉をする際の支払基準です。各保険会社によって内容は違い、公開されていません。一般的に自賠責保険基準以上ではありますが、裁判所基準と比べると、かなり低い水準です。任意保険は自賠責保険で不足する金額を補う保険ですが、保険会社は民間の営利事業ですから、支払額が少ない方がいいのは当然で、だからこそ低めの基準を設定しています。
「裁判所基準」
これまでの裁判例の積み重ねによって認められてきた、各ケースの賠償額を基準化したものです。公式に公表されているものはありませんが、財団法人日弁連交通事故相談センター本部が発行する「交通事故損害額算定基準(青本)」、財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準(赤本)」は、裁判所の考え方を踏襲した書籍とされていています。このため裁判官、弁護士といった交通事故にかかわる法律の専門家は、すべてこれらの書籍の情報を参考にしています。裁判所基準では、自賠責保険基準や任意保険基準と比べて賠償額は高額になります。
すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA