被害者請求に必要な書類とやり方とは…!?

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-maru-sub-150615

以前、お伝えしたように、「被害者請求」とは、被害者が直接相手方の自賠責保険に対して請求する方法です。

 

自分で「被害者請求」をすると決めた場合、まずは、加害者側の自賠責の保険会社にその旨を伝え「交通事故証明書」「診断書」「診療報酬明細書」の写しの送付を依頼します。

 

その後、送られてきた「交通事故証明書」に記載されている加害者加入の自賠責保険会社に連絡をし、必要提出書類一式を送ってもらいます。

 

あとは、「必要提出書類一覧」を確認し、これらの書類を収集することになります。さらに、必要提出書類以外に、自分に有利な医証(カルテや負傷状況の写真専門医の意見書などがあればそれらも収集し、また自分に不利な事情などがあれば、それを補うための説明文書などを作成します。

 

そして、「被害者請求」で後遺障害等級認定の申請をする旨の「送付書」をつけて、すべての提出書類を加害者加入の自賠責保険会社に郵送すれば、手続き終了です。

 

あとは、結果を待つのみです(追加調査などがなければ、通常、1~2ヶ月で結果が通知されます)

遅くなる場合には、自賠責保険会社からその旨の連絡も定期的に届きます。

 

被害者請求の方が等級認定に有利な場合もありますが、準備も大変という面もあります。

この点について、弁護士に依頼してしまうという手もあります。

 

弁護士に依頼すれば、自分で面倒な手続きをする必要もありません。

 

交通事故でお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA