後遺障害等級認定のための申請手続きの方法

明石の交通事故専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

top-tellbig

一生懸命治療を続けたにもかかわらず、症状固定時期になっても治らない場合、いよいよ「後遺障害等級認定の申請手続き」に進むことになります。

 

後遺障害等級認定の申請手続きには、2つの方法があります。

 

まず1つ目の方法ですが、加害者側の保険会社が申請手続きを行ってくれる「事前認定」という方法があります。

 

もう1つの方法は、被害者側が自ら申請手続きを行う「被害者請求」という方法になります。

 

いずれの方法による申請手続きも、「後遺障害診断書」を作成し、加害者側の「自賠責保険会社」に必要書類などを収集・提出して「損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)」における審査を経て、認定結果が出る点では同じ手続きといえます。

 

しかし、もし納得できる後遺障害等級認定を得たいなら、被害者側自らが行う「被害者請求」

による申請手続きをとるべきです。

 

「被害者請求」は、自ら申請手続きをする場合、自分に有利な医証(カルテや医師の意見書、陳述書…)などを作成、提出できるということが最大の理由と言えます。

 

交通事故でお悩みの方、お気軽にお電話ください。

 

 

すぎおか鍼灸接骨院

TEL 078-947-7628

明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA