被害者は病院を変えることができるのか⁇

明石で交通事故の治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

弁護士と提携
被害者には病院を選ぶ権利がありますから、病院を変えることは可能です。

仕事帰りに立ち寄れる病院に変えるなど、診察時間や場所の関係で場所を変えたいこともあるでしょう。

ただし、

①通院交通費が変わってくる場合があること

②事故当時から継続して通った病院でないと後遺障害診断書の記載が困難となる可能性があること

③整形外科か接骨院かで診療内容が異なること

などから、保険会社とのトラブルを避けるために、保険会社に一言断ってからにしたほうがいいでしょう。

治療費は、一般的には、任意保険会社が直接病院に支払ってくれます。

そのためには、任意保険会社が提示する個人情報に関する「同意書」にサインする必要があります。

その結果、個人情報である治療の内容を任意保険会社が知ることになりますが、任意保険会社にとっては治療内容が支払をするための根拠ですから、これはやむをえません。

ただし、交通事故の状況や、過失のとらえ方に大きな争いがある場合には、相手方任意保険会社に治療費を支払ってもらえないことがあります。

その場合は、被害者がいったん立替て支払いをして、後に、自賠責保険会社または相手方任意保険会社に支払請求をしていくことになります。

すぎおか鍼灸接骨院
TEL 078-947-7628
明石市魚住町西岡323-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA