保険の請求の仕方・被害者請求

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
top-maru-sub-150615

加害者と被害者との間で示談が成立したら、保険会社に保険金を請求することになります。

示談が成立していないうちは、損害額が確定していないわけですから、原則として保険金を請求することはできません。

ただ、事故で負ったケガの治療が長引いたりした場合には、示談成立前であっても、強制保険の仮渡し金を請求できることがあります。

事故の加害者が入っている強制保険に保険金を請求するのは、原則として加害者本人です。

加害者本人が成立した示談に基づいて被害者に賠償金を支払い、その支払った分を保険会社に請求するというのが原則です。

ただ、この方法だと、加害者が受け取った保険金を被害者に渡さないことも考えられます。

そこで、加害者に誠実さがなく示談に立ち会ってもらえない場合や示談が成立しているにも関わらず、加害者が自分の加入している保険会社に保険金を請求してくれない場合には、被害者の方から加害者の保険会社に対して直接保険金を請求することもできます。

これを被害者請求といいます。

なお、強制保険は被害者保護の観点から加入が義務付けられている保険であり、人身事故の場合だけしか保険金は支払われません。

物損事故などでは保険金が出ないので、注意してください!!

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA