過失割合に納得がいかない場合は?

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
kidsroom-bot-001

ご相談を受ける中で、「もう保険会社が『過失割合』を決めてしまったのですが、納得がいきません」というお話を聞くことがあります。

しかし、保険会社に「過失割合」を「決める」権限はありません。

任意の話合いの段階では、被害者と保険会社との「合意」があって初めて「過失割合」が定まります。ですから、保険会社が示談案で提示する「過失割合」は、あくまでも「保険会社の見解」に過ぎず、被害者側が「合意」しなければ「過失割合」は決まりません。

そして「合意」ができない場合は、最終的には訴訟になり、当事者の主張と提出された証拠を見て、裁判所が「過失割合」を決めることになります。

したがって保険会社が提示している「過失割合」に納得がいかない場合は、具体的な事故状況を弁護士に相談するなどして、適切な「過失割合」をどのように考えるべきなのか、検討する余地があります。

お互いの言い分が大きく食い違うような場合には、訴訟を行い、裁判所の判断によって決着をつけることになりますが、争いが長期間に及ぶ可能性があるので、当面の生活費に困る状況にある被害者は、訴訟どころではなくなる可能性があります。

そのような場合には、自賠責保険への「被害者請求」を行ったり、あるいは被害者自身がかけている人身傷害保険の保険金請求を検討して、一部であっても早めに賠償を受ける方法を考えましょう。

「過失割合」をめぐる交渉では、このように、いろいろな要素をバランスよく考えていく必要があります。


すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA