いわゆる示談金は非課税です!!

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
慰謝料の相談が出来ます
保険会社との損害賠償額で合意して、賠償金を受け取った後でも、いくつか考えなければならないポイントがあります。

【損害賠償金には所得税はかからない】

交通事故のために、被害者が受け取った損害賠償金のほとんどは非課税になります。したがって、確定申告などは必要ありません。

事故による負傷について受ける治療費や慰謝料、「休業損害」の賠償金などは非課税です。

治療費として受け取った金額は、医療費を補てんするものですから、医療費控除を受ける場合は、支払った医療費の金額から差し引くことになります。

ただし、その医療費を補てんして、余りがあった場合は、ほかの治療費から差し引く必要はありません。

車両の破損に対する損害賠償金なども非課税です。

ただし、事故にあった資産が事業用の資産の場合は取り扱いが違ってきます。

一つは車両が業務用で、事故により廃車となったケースです。車両について資産損失の金額を計算する場合は、損失額から損害賠償金などによって補てんされる金額を差し引いて計算する必要があります。

商品配送中の事故で、使い物にならなくなった商品について損害賠償金などを受け取った場合は、収入金額に代わる性質を持つものですから、非課税とはならず、事業所得の収入となります。


すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA