休業損害の内払いが可能です!

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です

交通事故に遭ってしまったA子さん

交通事故に遭ってしまったA子さん


示談交渉は、通常は治療が終わったときに始まります。

治療が終わるまでは、治療費や「入通院慰謝料」などの損害が日々発生し続けているので、損害額の全体がわからないからです。

しかし、たとえば被害者側が経済的に苦しい状態にあって、治療費や「休業損害」がすぐに支払われないと来月の家賃が支払えないとか、ローンの返済が滞ってしまうといった場合もあります。

そのような場合は、保険会社が正当な示談に先立って、示談金の一部を、治療の途中段階で支払ってくれることがあります。これを「内払」といいます。

通常、「内払」が行われる損害項目としては、治療費と「休業損害」が挙げられます。治療費については、いつまで払ってもらえるかは別として、交通事故の最初から全く支払われないケースは、加害者側が責任を否認するなどの特殊なケースになります。「休業損害」については、被害者の勤務の状況によっては最初から一切支払われないことも少なくありません。

また当初払ってもらっていた治療費、「休業損害」について、ある時期から保険会社が「支払の必要がない」と独自に判断し、支払を打ち切ることがあります。このような場合は粘り強く交渉することで、支払われない損害項目については「内払」を認めてもらうように、打ち切られた内払金については「内払」を再開してもらうように交渉することになります。

ただし「内払」は、最終的に「示談」が成立したときにもらうはずのお金を先に受け取るだけですから、最終的な賠償金の支払段階では、既払金として賠償金から減額されます。

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA