症状固定後の痛みはどうすればいい??

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
image

交通事故に遭って、治療することで完治するに越したことはありませんが、治療を続けて「症状固定」時期になっても治らなければ、やはり自分の症状に合った適切な後遺障害等級認定を得たいですよね…。

もっとも、交通事故における後遺障害等級認定では、「労災保険」で定められている「障害等級の認定基準」(障害の程度に応じて区分された1級から14級までの14段階の基準)を準用しています。

ただし、まったく同じ基準というわけではなく、「労災保険」より厳しい認定をされているのが現実です。

そのため、適切な後遺障害等級認定を受けるには、戦略的な事前準備(弁護士などの専門家と協議しながら進めるのが一番よいといえます)が必要となってきます。

なお前述したとおり「症状固定」とは治療を続けてもそれ以上症状の改善が望めないと判断される時点のことであり、治療費の支払いや休業損害の支払い期間を区分けするための損害賠償実務上の概念になります。

症状固定日については、基本的に「主治医の判断」が尊重されます。

しかし、その判断が絶対視されるわけではなく、加害者側の保険会社と治療費の支払いをめぐっては争われることもあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA