保険会社がなぜ急いで症状固定をするのか?

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
慰謝料の相談が出来ます

多くの場合、保険会社から「症状固定」と、それに伴う治療費の打ち切りの話が出てきます。

症状が固定した日の特定は、本来、医学的にはなかなか難しい問題なのですが、医師による「症状固定」の診断がされる前の段階であっても、保険会社が独自に「症状固定」に至ったと判断して、早期に治療の打ち切りを迫ってくる場合があります。

保険会社は多くの場合、「支払う必要があることが確実なお金は支払うが、必要性がそれほど高くないものについては、決着するまではできるだけ支払わない」というスタンスをとります。

そして、支払う側の言い分によって、「症状固定日」を前倒しで主張する場合があります。この点において、保険会社は被害者の味方ではありません。

「症状固定」の認定は保険会社ではなく、医師が判断することですから、専門家である医師とよく相談してください。

医師がまだ治療が必要というのであれば、治療を続行して、治療費の支払継続を求めるべきです。

保険会社から治療費の支払いを打ち切られてしまった場合でも、「症状固定」に至る(または完治する)までは、原則として、保険会社から支払ってもらうことができますから、支払いの再開を求めて交渉することができます。

また、打ち切り後に「症状固定」となった場合は、「症状固定日」までの未払い治療費の支払を求める、といった対応を行いましょう。


すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA