修理費用でのトラブル案件

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です

交通事故に遭ってしまったA子さん

交通事故に遭ってしまったA子さん


交通事故によって車に修理が必要になってしまった場合どのような流れで修理することになるでしょうか?
例えば過失割合が10:0だとします。
加害者はもちろん自腹か自分の加入している任意保険に請求するという形ですが、被害者はどのようなな形になるでしょうか?
修理代全部請求してしまえばいいのでは?と安易に考えてはいけません。
たとえ被害者だったとしても次の法則で修理代が支給されるみたいです。
修理費用が100万円だったとします、車両の価値が50万円まで落ちてしまっていたとすると修理を希望しても車両価格の50万円までしか支給されない決まりがあります。
なんとも理不尽ですがこれが保険会社の取り決めだそうです。
しかし加害者が対物超過特約をつけていれば相手の修理代が50万円上乗せされます。
ほとんどの場合被害者と加害者は修理代のことで揉めてしまうことが多いらしく、こういった特約に入っておかないとあとあと裁判に発展してしまうので保険の特約などはしっかりと見直しておきましょう!

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡西323‐1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA