自転車の酒気帯び運転の罰則は?

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です
jitensha_59474088
この花見の時期、お酒を飲むから車は乗りませんが自転車ならいいかと安易に考えたことはございませんか?
自転車は軽車両に分類され、立派な車両として認められている為飲酒後に運転するのは絶対にだめです。



では自転車の場合どういった罰則になるのか調べてみました。
酒気帯び運転・・・酒気帯び運転とはアルコールが血液1ml中3mg以上又は呼気1l中に0.15mg以上検知されたときに酒気帯び運転となります。
更に飲酒のせいで正しく運転ができなくなった場合に酒酔い運転となります。
酒気帯び運転の場合は実は法的な罰則はないようです。
法律的にも酒気帯び運転の項目に軽車両は除くと書いてあります。
軽車両は除かれるため、明確な罰則はありませんが雇用上の罰則を設けている会社もございますので何らかの罰則を受ける場合があります。
しかし酒酔い運転の場合は自動車と同様に5年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられます。
さらには自転車の場合は安定性が悪く避けよい運転になる確率が非常に高い為、罰則を受ける患者様が非常に多いです。
ちょっとぐらい良いかと思う大事になってしまいますので、お酒を飲んだらとにかく自転車・自動車には乗らないようにしてください。

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA