バイク事故に多い打撲の対応は?

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です

jikosassi-150330-4交通事故の中でも自動車に乗っている中での事故と自転車・バイク、歩行中にはケガの仕方が大きく異なります。

自動車に多いのはほとんどがむち打ちですが、腰部の捻挫や背中の痛み手首の痛みや肩の痛みを訴えることが多いですが目立った外傷がない場合が多い為見た目には大丈夫そうですが非常にダメージが大きいです。

バイクに多い怪我はなんといっても打撲でしょう。薄着の場合裂傷を伴うこともありますが、裂傷があれば直ちに手当てをしないといけません。打撲の場合は以前ブログにも書いたようにRICE処置がとても重要になります。

救急車を呼ぶことが多いと思いますが骨折を伴っている場合はすぐに整復してもらう必要があり、皮膚の裂傷と骨折が伴っている場合は複雑骨折をおこしているのでとにかく早く救急車を呼び患部に菌が入らないようにしてください。

打撲だと思っていると非常に危険な状態になることが多々ありますので裂傷があればすぐに消毒をすること。

むやみやたらと動くと骨折部の治癒のペースが遅れるので安静にしてください。

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1

078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA