交通事故のPTSD(心的外傷後ストレス障害)について

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です

交通事故に遭ってしまったA子さん

交通事故では、大きな衝撃や受傷などで大きなストレスがかかり、感覚の鈍化、孤立、周囲への無反応、侵入的な回想(フラッシュバック)、抑うつ、不安などの症状が現れることがあります。

ここからPTSD(心的外傷後ストレス障害)の要因、症状、治療、後遺障害等級との関係等について書いていきたいと思います。

 

1.PTSD(心的外傷後ストレス障害)の要因

ほとんど誰でも大きな苦悩を引き起こすような、威圧的もしくは破壊的な性質をもつストレスな出来事や状況が要因となります。そして、このような出来事や状況に対して送れて反応し発生するとされています。

 

2.PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状

典型的な症状として、感覚の鈍化、情動的鈍感さ、孤立、周囲への無反応、快楽消失、心的外傷の想起へとつながるような活動や状況の回避などといった持続的な状態を背景としながら、侵入的回想(フラッシュバック)や夢というかたちで心的外傷が繰り返し再現されることが挙げられます。

 

3.PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断

原則として心的外傷から6ヶ月以内に発現しており、心的外傷が確かに存在することに加えて、記憶や夢などの中にその出来事が反復的、侵入的な形で想起され、再現されていなければいけないとされています。

 

4.PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療

心的外傷の性質を理解したうえでび支持的精神療法や安全な環境の提供が必要とされています。抗不安薬や抗うつ薬を中心とする向精神薬投与も適宜用いられます。

 

交通事故後にPTSDになる方も少なくはないようです。整形外科ばかりに通っていると精神面は見落とされがち。そういった知識のある当院は患者様としっかり会話を重ねて必要であれば医療機関を紹介させていただいております。

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1

078-947-7628

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA