意外と知らない?主婦手当について

明石の交通事故専門院のすぎおか鍼灸接骨院です

交通事故に遭ってしまった際の対応をご存知ですか? 交通事故に遭ってしまうと体の痛みや、賠償、慰謝料など法律の問題が降りかかり、正常な判断が出来ない状態で困難な問題に取り組むことになります。 当院では事故の被害者を少しでも多く救済できるようにとの思いから 事故の際に役立つ情報を掲載した小冊子を無料で配布しております。 この一冊には「交通事故に遭ってしまったら?」「むち打ち症について」「重要!交通事故の注意点」「交通事故施術Q&A」が集約されていますので非常に役立つ事故の前に読んでおきたい一冊です。

 

交通事故でむちうちになってしまって…痛くて家事をするのがしんどいという方はいらっしゃいませんか??

もちろん加害者や保険会社が変わりに家事をしてくれると言うことはないのですが、せめてもの償いとして主婦手当てと言うものが補償されます。では主婦手当てとはいったい何なのか?書いていきたいと思います。

主婦手当てとは仕事をしていない女性が家族がいる場合に限り、1日5700円手当てとして支給されるものです。ただ保険会社が家事不能と認められる期間のみなので治療期間=保障期間ということではないのでその点はご注意下さい。

それでは主婦手当ての概要を見ていきましょう

交渉におけるいわゆる保険実務として示される主婦休損は,1日あたり5,700円 × 実際に通院ないし入院をした日数です。これは,自賠責保険が5,700円を超えることが明らかなことが証明できない場合には原則として5,700円とするという1日あたりの基準額に従ったものです。主婦ですから当然ながら、証明はできないことから、この1日あたり5,700円というのが,家事従事者である専業主婦の休業損害として結びついて主婦休損 = 1日あたり5,700円という図式ができあがっているのです。
なお,実際に通院ないし入院をした日数とするのは、それ以外の日については、家事は可能であろうと言うことからです。しかも,他に家事をする人がいないことの自己申告書を要求されることがあります。

となっております

わからないことがあればいつでもご相談下さい

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1

078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA