交通事故に多いむち打ちの知識①

明石の交通事故専門施術院のすぎおか鍼灸接骨院です
慰謝料の相談が出来ます
このブログは3分で読めます
今日は基礎にかえってむち打ちのことについて書いていこうと思います
むちうちとは?!
交通事故などの外傷によっておきる首の痛みの総称です
診断書には頚椎捻挫や外傷性頚部症候群などと書かれます
自覚症状としては首・肩・背中の痛みやコリ、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、しびれ、脱力感などです
首には星状神経節と呼ばれる自律神経をコントロールする重要な神経の集まりがあります
むち打ちになると神経の周りの軟部組織や神経根などを損傷することで正しい機能が阻害されてしまいます
自律神経とは血圧や内臓の動きなどを支配しているため私たちの意識外で動いているところの部分の問題です
首に走っている椎骨動脈と言うのがあるのですがそれに付随して走行している自律神経を痛めてしまう場合もあり、これはバレ・リュー症候群と呼ばれます
バレ・リュー症候群になると主に眼・耳・心臓・咽頭などに違和感や異変を感じます
またバレリュー症候群は自律神経症状の為医学的立証が難しくなります
よって後遺症として認定することが難しくなります
痛み・違和感があるうちにしっかり治すようにしましょう
むちうちなら当院にお任せ下さい

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA