自転車事故の物損損害の相場とは?

明石の交通事故専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です

image自転車事故vs車の交通事故でよくもめるケースがあります

それが物損のことです

自転車は一台10000円を切るものもあれば電動自転車のように10万円ほどするもの、ロードバイクのように30万円以上するような高価なものまでありますが自動車に比べれば価格帯は落ち着いております

しかし自転車には中古等の相場も無く物によっては一年ほどで壊れてしまうものもあるため、事故で使い物にならなくなってしまった場合でも購入から三年以上が経てば二束三文のようなものです

自転車が大きくは損してしまうような事故であればお体も怪我されている可能性が高いですので示談金を修理や次の自転車の購入費用に割り当てないと満足いく物損の示談はできないとお考え下さい

また車であれば損害額や修理の時にパーツ交換の明細がわかるのでどれぐらいの強度の事故であったかわかりやすいですが、自転車ではそれがわかりにくくもちろん保険会社も考慮してくれますが、痛みがあっても早期に治療を打ち切られてしまうケースが多いようです

まず初めに大丈夫ですと言わずに、痛い場所などをしっかりと主張して治療を受けられることをオススメします

困ったことがあれば専門治療の当院までご相談下さい

 

すぎおか鍼灸接骨院

明石市魚住町西岡323-1

078-947-7628

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA