後遺障害認定のために必要なこと

明石の交通事故専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です

当院には年間100人以上が交通事故のむち打ち治療で通院されています

当院には年間100人以上が交通事故のむち打ち治療で通院されています


6ヶ月以上通院しても症状が改善しなかったため、保険会社から後遺障害の申請を行うように促されることがあります
真面目に病院・接骨院に通っていることが前提になります
真面目なリハビリ通院とは、整形外科・接骨院で1カ月に10回以上であると想定しています
連続性、一貫性とは、継続的で真面目な通院、1カ月で10回以上でなければなりません
どんな症状を訴えても、6カ月間で30回程度の通院では、後遺障害の残存は否定されます
病院には最低でも月に二回は行かないと行けませんし、接骨院にもできる限り毎日通院しているほうが良いです
これは保険会社の印象などが関ってきます
素人が後遺障害申請をだしてもなかなか通すことは難しいので弁護士や行政書士にお願いするといいと思います
また過激な発言などを繰り返し保険会社した場合、慰謝料目的での通院であると思われがちで、後遺障害認定が許可されない場合が多いです
理不尽なことを言われたりすると思いますが冷静に対応するように心がけてくださいね
なにか困ったこと・わからないことがあれば当院までお尋ね下さい

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA