むちうち症を甘く見ない!もっと深く知りましょう!

明石の交通事故治療専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です

病院に行っても首に感じる痛みが治りません

病院に行っても首に感じる痛みが治りません


交通事故のむちうち症は外傷性頚部症候群と診断されることが多いと昨日のブログでもご紹介してきました
追突などの交通事故受傷により、頚椎が過伸展・過屈曲状態となり、これらの関節包、椎間板、靱帯、筋肉などの一部が引き伸ばされ、あるいは断裂して発症します
頚椎には7つの骨があり8つの神経が頚椎の間から伸びていきます
受傷により頚椎に圧迫力が加わり神経根症状と呼ばれるものを発症することもあります
神経根症状とは簡単に言えばしびれ、だるさ、重さを感じることです
神経根症状が出る場合は後遺障害に発展してしまうものがありますので慎重にリハビリ等を続けていく必要があります
後遺障害が出るような症状であればMRIなどの精密検査を受けてくださいといわれることがあります
異常が出ないことがむちうちの特徴でもありますが、異常が無い場合でも後遺症申請が許可される場合もあります
これは先に医者にしびれ等の症状をしっかりと伝えている場合です
なにかおかしいなと思ったらしっかりとお医者様には伝えるようにしてください
後々後悔してしまうかもしれません

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA