交通事故での外傷性ヘルニア

明石の交通事故専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です
弁護士と提携
交通事故でむち打ちになった際に手がしびれたり握力が入りにくいという方がおられますが、そういった症状でお悩みの方は外傷性ヘルニアの可能性もあります
外傷性ヘルニアとは1回の大きな衝撃で椎間板が飛び出し神経を圧迫してしまう症状です
ふつうヘルニアとは慢性疾患という捉えられ方で、段々と症状が進行していきますが交通事故などの大きな衝撃が加わったときには急激に発症することがあります
しかしほとんどの場合交通事故で最初に撮られるのはレントゲンだけでMRIを撮ることは少ないです
ヘルニアはMRIでないと椎間板と神経が写らないため診断することができません
もし交通事故後にしびれや握力の低下などの症状を抱えておられる方は外傷性ヘルニアの可能性があります
ヘルニアは薬や湿布、電気だけではまず治りません
ヘルニアは椎骨と椎骨の間が狭くなり椎間板を押し出している状態なので椎骨を正常な位置に持っていくことが大切です
正常な位置に持っていくには矯正が一番いい治療法です
当院は年間100名近く交通事故患者様の治療に携わっております
もしケガがお辛くて悩んでいる方はご相談下さい

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA