むち打ち以外に多い交通事故外傷は?

明石の交通事故専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です

交通事故に遭ってしまったA子さん

交通事故に遭ってしまったA子さん


交通事故外傷として最も多いのが頚椎捻挫(いわゆるむち打ち)です
ついで多いのが胸部、腹部のケガです
これはシートベルト・エアバッグが多く関っています
追突事故などで運転手・助手席にいる同乗者が外に投げ出されないようにクッションの役割を果たしていますが、タカタ社製のエアバッグでは死亡事故も起きています
やはり衝撃の力が大きければ大きいほど外に投げ出されなくても死亡事故がおきるぐらい交通事故は怖いですね
胸部・腹部のケガですが胸部は主に肋骨骨折が多く、胸部の筋挫傷もみられます
腹部のケガは主に腹部を圧迫した骨盤骨折や内臓圧迫の為の臓器の損傷も見られるようです
いずれにせよ大きなケガであることは間違いありません

全体の5%ほどですが全身という方もおられます
これは非常に大きな交通事故であるか、歩行中に交通事故にあわれた方です
明石市でも死亡事故が年に数件おきています
運転するほうも注意しないといけませんが、歩行する方も道路から離れて反射板などを着用することをオススメします

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA