自転車対自動車の交通事故

明石の交通事故専門治療のすぎおか鍼灸接骨院です
image
交通事故が非常に増えています。運転にはご注意下さい。
昨年12月に国道二号線で高校生が自動車にはねられてなくなるという事故がありました。
自転車は後ろから跳ねられたようですが加害者の車は前方不注意だったようです
交通事故のほとんどが前方不注意やボーとしていたなどの注意力が散漫になっている状態です
発見が遅れてしまい、当たる直前もしくは当たった直後にブレーキを踏むことが多く大きな事故に繋がります
自転車は目標物が小さく視認することが自動車に比べると難しく、走行も二輪のため不安定になります
特に夕方・夜は視認することが難しいので自転車側も反射板を目立たせたり、交通ルールを遵守した運転に努めてください
自動車で一番怖いところは便利なこともすぐに凶器に変わってしまうところです
自覚を持って運転していただきたいなと思います
また自転車側も自分は車両だという自覚を持って左側通行や一旦停止などではしっかりと左右確認をしてください
交通事故で悲しむ方が減るように願っています

すぎおか鍼灸接骨院
明石市魚住町西岡323-1
078-947-7628

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA