(明石)事故の訴訟はどのように進む?(損害賠償請求)

明石の交通事故治療専門院、すぎおか鍼灸接骨院です。

任意保険会社と示談が成立しなかった場合には、法的な手続きをとらなければいけません。

 

交通事故の損害賠償を請求する場合の法的手続きには、調停と訴訟の2つがあります。

 

調停というのは、裁判所に間に入ってもらい、当事者同士が話し合いを行って、合意に達した場合に「調停調書」という公的な和解書類を作成する手続きのことです。

この手続きは簡易裁判所が管轄しています。

 

しかし調停は、あくまで「話し合い」であり相手が応じなければいつまでたっても解決しません。

 

したがって、交通事故損害賠償の場合には、調停手続きを取らずに初めから訴訟を起こすことが一般的です。

 

訴訟とは、裁判所に対し、最終判断である「判決」を求めて訴えを起こすことです。

 

訴訟は、次のように進行します。

①訴状提出

②訴状審査

③被告に対する呼び出し

④口頭弁論(当事者による主張の整理)

⑤証拠の提出

⑥証拠調べ

⑦判決

 

訴訟の実務はもちろん弁護士に任せるわけですが、全て任せきりではいけません。

証拠資料の収集は、被害者本人が積極的に行っていく必要があります。

 

実際には事実の認定が極めて重要になりますので、そのために被害者は、積極的に弁護士に協力し、証拠資料の収集に努めてください。

 

 

 

院名

すぎおか鍼灸接骨院

所在地

〒674-0084
兵庫県明石市魚住町西岡323-1

受付時間

施術時間 日/祝
午前  9:00~12:30 ×
午後 16:00~20:00 × ×

※土曜日は8:30~13:00までの施術とさせて頂きます。
平日は交通事故の患者様のみ22時まで受付しております(完全予約制)

予約について

予約優先制
託児ルームは平日午前のみの完全予約制

地図


駐車場8台完備

ご予約について

お電話・メール・LINEでご連絡ください
LINE・メールは24時間受付中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA